よもぎデイズ

/ 2018/06/15 /
すっかり猫日記みたいになってますが、やはり猫の日記です。

某月某日
よもぎ滞在一ヶ月、動物病院で二回目のワクチン。
歯の状態がよろしくないとのことで次の診察で術前検査をしてもらう予定。
後ろ足に力が入らないようで、ジャンプなどができない。
サプリメントを与えてみることにする。


某月某日
滞在している部屋のドアに猫ドアを設置、廊下の階段降り口にベビーゲートを設置。
歩ける範囲が増える。
猫ドアはなんとかして開けて通っている模様(先住猫は猫ドアを開けないので年中開きっぱ)
サプリメントはソフトカプセルで、そのままでは食べないので割ってウェットフードに混ぜて与える(割っても平気、と病院で教わった)。
むしゃむしゃ食べる。

某月某日
キャットタワーに登らなくなった。というか、もともと登っていなかった(下り専用)
出窓に接しているのでタワーづたいに登ったらいいのに…という人間の思惑は通じなかった。
前脚の力で出窓に直接這い上がり、帰りはタワーを降りる、というのをやっていたのがめっきり回数が減り、ほとんど登らなくなった。
やはり足腰が痛いのかもしれない。なお前脚はガチムチ。



某月某日
術前検査に病院へ。
血液検査OK、老猫なので術後の予想される経過、麻酔のリスクなど説明を受ける。
保護時は15歳ぐらいですかね、と聞いていたけれどその後の様子や歯の状態などからもっといってるのでは…とのこと。
麻酔の醒め方によっては入院させましょう、とのこと。
前日夕食後当日朝まで絶食、など説明を受ける。わかりました、と聞きつつ超動揺。

某月某日
手術前夜、何かを察したのか餌を半分以上残す。家に来てはじめて。

某月某日
手術当日。ふたりがかりで病院へ搬送、車中ではずっと不平不満を聞かされ「はいはーい」「そうだねー」と生返事を繰り返す。
執刀医に引き渡し。
帰って気もそぞろに仕事。
夕方、お迎え。手術は無事成功、抜いた歯を見せてもらう。たくさん。
実は手術終了時にもらった電話の後ろで不平不満を述べていたのが聞こえていた。
経過は良好で、夜遅くに餌を与えてもよい、とのこと。
エリザベスは嫌がりはずす。
部屋に帰ったところ麻酔の影響でフラフラになりながら部屋を徘徊し、何度も転ぶ。
深夜にペーストの餌を与えたところぺろりとたいらげた。
ほどなくトイレも使う。トイレでも何度も転ぶ。

某月某日
二週間後、術後診察。
懸念していた抗生物質はウェットフードに混ぜたところすべて食べてくれた。
歯茎の経過はよいとのこと。超安堵。
まだ糸があるけれど溶けるとのこと。
よもぎはFIVキャリアなので術後の経過に不安があった。
まったく問題なく、餌の食べ方も慣れてきたようで、スムーズになってきた。
食べ残しもなくなってきた。
サプリメントの効き目は地味にあるようで、歩き方のヨタヨタ加減が少しずつ軽減しているようだ。

毎日おじさんの膝でのんのんしているらしい。結構結構。





 
Copyright © 2010 無頼派への道(仮), All rights reserved
Design by DZignine. Powered by Blogger