2011年下期点記

/ 2011/12/31 /
もう大晦日。かけ足での備忘録となってしまいました。

8月某日
7月末の骨董ジャンボリーで35mmカメラ「PETRI Color35」を購入。
ほんとは買うつもりはなかったのが、坂崎幸之助さんがお店番をしているムサシカメラで、二眼レフをあさっているうちに一目惚れしてしまい、迷った上で購入。坂崎さんのカメラトークが聞けて楽しかった。
沈動式のレンズ、距離とシャッタースピードを合わせてファインダー横の針が動くのを見るのがおもしろい。
家の者にお手入れしてもらって出動する。


家の近所にて。

9月某日
遅い夏休み。青森方面を訪う。東北新幹線を盛岡以北まで初めて乗った。
(傍注:旅行記を近日中にアップします)
八戸駅、七戸十和田駅は思ったより乗降客が多くて賑わっていました。この時点では仙台駅の修繕はまだ途中の様子でした(利用したツアーパックの関係ではやぶさには乗れず、仙台・盛岡など停車した)。
白神・五能線ツアーとすごく迷ったけれど、今回は奥入瀬・十和田・弘前方面を廻りました。
素晴らしかったです。絶対また行きたい。

10月某日
所属する俳句同人誌『恒信風』の同人で、河津の旅館「天城荘」の女将、蓮菩さんこと野澤美季さんの訃報を受ける。同人数人で教会の前夜式に参列し、式後に近くで献杯、皆さんの思い出話を拝聴する。私は生前お会いできたのは一度きりだったが、前夜式ではそのお人柄をたくさんお伺いすることができた。22時頃解散。

11月某日
この頃業務繁忙につき記憶曖昧。この月に限らず2010年後半から業務量、内容ともに増えて日々残業が続く。そのせいかどうなのか、今年は目・耳の不調が多かった。めまいも増加した。これは寄る年波のせいもあるのでしょう。主にディスプレイを凝視してデータを修正したり精査したり…という内容なので、業務中はぼーっとしてる余裕もない。首と腰も年間通して痛かった(運動不足ともいう)。帰ってから組版や手製本の製作を日々繰り返し。

12月某日
なんとか無事『鏡』3号の入稿にこぎつけ、足立の某社へ。主任こと猫様にお会いでき、うりうり、と腹を撫でさせてもらう。午後からの句会では唯一お会いしていなかった同人Hさんにお目見えかない嬉々。

12月某日
もうじき公演終了ということで、見納めにと舞浜の「ZED」へ。新年に見ているものだけど、内容がずいぶんと変わっていて驚いた。皆さんスキルアップ、スケールアップしていて、もともとすごいのが、もっともっとスゴくなっていた。
終演後、キャストがホールに出て来てくれていた。稲垣正司さんと握手することができた。2010年末、地下鉄のヴィジョンで稲垣さんに見惚れてたどり着いたステージだけに、「素晴らしかったです」とお伝えすることができただけでもう、うれしかったです。

12月某日
で、ぶじ『鏡』3号発行。この号では西原天気さんの句集『けむり』について書きましたが、よく考えたら句集評というものを書いたのはこれが初めてだったのでした。
台割を聞いた瞬間はちょっとおののいたものの、書いてみたら紙数が足りなくなってしまい、下書きは4分の1ぐらい削った。書きたいことがたくさん出てしまう句集というのは、とてもうれしい句集ではないか。はじめての句集評が『けむり』だったことは私自身にとってもうれしいことでした。

12月某日
PETRIに続き入手してしまったRICOHSuper44の試運転に及ぶ。ついにベスト判に手を出してしまったんである。Yashicaにくらべてなんという小ささ、軽さよ。ただ皮のケースについている純正のストラップが短すぎて(手提げ。首にはかけられない)そこだけはいけなかった。
現像に出したところ価格表に載ってるとか載ってないとかで出来日は後日連絡となる。ベタ焼きは手焼きしかないらしい。「ほんとうに」扱ってない、ということがよくわかった。
とにかく現像だけしてもらい、フラットヘッドスキャナでデータ化しようと思ったら、これがまた難儀なことで。ということに着手してから気がつく。
来年はこれをどうにかこなしていく手段を考えよう。まだ試合は終わってません。
 
Copyright © 2010 無頼派への道(仮), All rights reserved
Design by DZignine. Powered by Blogger