5月某日日記

/ 2011/07/14 /
5月某日
かねてから行きたかった富岡八幡宮の骨董市に行く。天候不順ながら雨には遭わず。
和洋を問わずいろんな出店があったけれど、日本の民具や古道具がわりあい多かったような気がする。
特にあてもなくぶらぶらしていたところ、掘り出し物のカメラを発見、しばし悩む。
絶対に欲しかったものではないけれど、なかなかないデッドストックの完品、滅多に見ないレンズが付いている。お値段は少々お高く、値切るのは無理っぽい。
うーん…と会場を一回りして戻ったところ、すでに買い手がついていた。
そういうもんだよね、と後ろ髪を引かれつつ「深川めし」を食べて帰る。
お買い上げは半幅帯一本と古書数点。

5月某日
ねこの額にかさぶたができた。しかも傷はまだ生っぽい。実は先月の後半ごろにもかさぶたを発見していたが、ほどなくして消えたので「ひっかいたのかな」ぐらいに思っていた。同じ場所にできてしきりに掻いているので、これはいわゆるアレかなと思い、動物病院へ。
いわゆるアレとはカイセンというやつで、寄生虫の一種である。院長先生の見立てでおそらくそうだろう、とフロントラインと注射をしてもらう。
キャリーのなかでちびり、診察台から降ろした(勝手に降りてキャリーに逃げた)ら肉球を置いていたところに汗がたまっていた。猫も冷や汗をかく。帰ってほどなく猫はふて寝。疲れたんだと思う。

5月某日
猫は気ままな動物で、勝手に涼しいところを見つけてもぐりこむという話は本当なのか。気ままといえばそうともいえるが、家の猫には日々つけまわされている。寝室に行けば寝室へ、机に向かえば足下へ寄ってくる。風呂もトイレもついてくる。風呂やトイレを覗いているときのかわいさは異常だがシチュエーション的に写真が撮れない。残念だ。

5月某日
6月の展覧会の準備のためふたたび夜なべの日々になる。今度は渋谷のGallarySERで「手づくり豆本展」というのに参加する。会期は約10日。いつも思うことだけど、こういう会期だとどのぐらい作ったらいいのか。
1日こっきりの展示即売なら途中で売り切れという事態も想定できるし、まあ仕方ないと思うが(過去手売りした際はだいたい何かが売り切れてしまった)、一週間を超える期間のしょっぱなになくなっても困るし、ざくざく在庫するのも迷惑だろうと思う。
だいたい自分が作るものは見栄えのわりに結構手間がかかるものが多いため一日で大量生産することは無理だったりする。大量生産するべきであるとも考えていないけど。
とにかく品目を決めるべく過去のデザインデータをひっぱりだしたり直したりする。
 
Copyright © 2010 無頼派への道(仮), All rights reserved
Design by DZignine. Powered by Blogger